世界各国の指導者と国民の皆様へ


運動発起人
笠井 英嗣




 拝啓、始めまして、笠井英嗣と申します。
 国内及世界中に居る弱者の人々を救済します活動資金を、もっともっと沢山集めまして、世界中の弱者の人々を、困っている人々を救済いただけますように、次なる募金運動を提案させていただきます。
 この提案内容は、国内を始め、広く世界中の個人及企業の誰もが、簡単に募金運動に参加しやすくしまして、助け合いの精神を世界の人々が共有する、世界の人々が力を合わせる、そして弱者を助け救う募金運動でございます。
 どうぞご高覧いただきまして、救済活動の資金集めの手段としてご活用いただけましたら、幸いでございます。

敬具


わが国と世界の貧困者を救う1%の愛の涙の募金運動

運動発起人
笠井 英嗣


 あなたも、わが国と世界の貧困者を救う1%の愛の涙の募金運動に、
ご参加いただけませんか。世界では、今も、貧しくて困っている人々が
沢山いまして、あなたの助けを待っています。


  ●教育が受けられない。
  ●食べ物が不足している。
  ●薬も無い。
  ●医者にも行けない。
  ●衛生状態が悪くて、病気がちである。
  ●生きる希望が持てない。
  ●短命であり、死亡率が高い。


 1. 買い物代金の1%を、ご寄付いただけませんか。
 1. 食事代金の1%を、ご寄付いただけませんか。
 1. レジャー代金の1%を、ご寄付いただけませんか。
 1. 旅行代金の1%を、ご寄付いただけませんか。
 1. 売上利益の1%を、ご寄付いただけませんか。


 1%の愛の涙の募金運動の輪が、人類を救います。
あなたの尊い奉仕の心が、わが国と世界に居る貧しくて、
困っている人々に対して

  ●命の灯りをともします。
  ●生きる喜びを与えます。
  ●生きる希望を与えます。

 人類は、助け合いの精神を決して忘れません。
 さあ、この運動の輪を、あなたと一緒になって全国へ広げましょう、
 世界へ広げましょう。

「ご寄付の方法」

ご家庭では、買い物代金、食事代金、レジャー代金、旅行代金の1%を、
ご寄付いただけませんか。企業では、売上利益の1%を、ご寄付いただけませんか。

〈ご寄付先〉
下記より、自由にお選びいただきまして、ご自身で直接ご寄付して下さい。

・地域に居る、貧しくて困っている人
・地域にある、親に恵まれない子供の施設
・地域にある、福祉施設
・あしなが育英会
・ユニセフ協会
・赤十字社
・国境なき医師団
・世界で活躍している、貧困者を助ける各種ボランティア団体

〈ご寄付者のお名前〉
1%の愛の涙の募金運動
あなたのお名前又は企業名
あなたのお名前又は企業名と一緒に、「1%の愛の涙の募金運動」の名称を
入れていただきますと、募金運動の輪が、広がりますので、よろしくお願いします。